Phytoncide * Wind

<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

自走&フェリー旅  其の三 洞爺湖 マルシェ 羊が丘

a0280907_1204382.jpg





a0280907_16442812.jpg

ここからは 見えない畔 月浦の Cafeマーニは しあわせのパン



a0280907_1221870.jpg





a0280907_16454062.jpg

ラベンダー たんぽぽ綿と 風に揺れ 



a0280907_16462879.jpg

大草原 ちいさなおうち 絵本世界 爽やか朝と 静かな夜へ



a0280907_16471469.jpg

羊蹄山 眺める暮らし 新鮮な 野菜と水と 美味しい空気



a0280907_1648554.jpg

マルシェにて 長芋買って 雑談を 珈琲飲んで ごぼう頂く






ところ変わって 羊が丘展望台
a0280907_16501439.jpg





a0280907_16511231.jpg





a0280907_16534010.jpg

木漏れ日に 帰る羊は とことこと 列をなしてく 放牧のあと



a0280907_16542197.jpg





a0280907_16545229.jpg

そして あの果てへ
[PR]
by snowdrop411 | 2013-07-26 17:10

自走&フェリー旅  其の二 函館の今昔

a0280907_6295615.jpg

日和坂 古民家Cafeは 大正築 時代を経ては 今なお活きる



a0280907_7195037.jpg

アンティーク 無垢里の蔵は 明治築 素敵な茶房 函館多し



a0280907_3472110.jpg

リラの花 初めて知った その香り 坂から昇る 風が伝えた



a0280907_630457.jpg





a0280907_6314593.jpg





a0280907_6324721.jpg





a0280907_6332821.jpg





a0280907_6344580.jpg





a0280907_6342171.jpg





a0280907_6364055.jpg





a0280907_637683.jpg





a0280907_637548.jpg





a0280907_638135.jpg





a0280907_6391513.jpg





a0280907_6394126.jpg





a0280907_6405174.jpg





a0280907_6412669.jpg





a0280907_6423125.jpg





a0280907_643096.jpg





a0280907_6433638.jpg

[PR]
by snowdrop411 | 2013-07-23 06:45

自走&フェリー旅  其の一 函館の朝

a0280907_1592332.jpg


もう先月のこと。

函館・洞爺湖・ルスツ・札幌・小樽・etc、夫のアコードで、三島から自走で周った「六日間」を、おおまかに、UPしていきます。
旅の備忘録として。

6月9日(日)

18時前、三島の自宅を出発。

日曜の夕方で、東京へ至る東名、小田厚、全て渋滞。
国1~ 箱根新道~ 西湘BP~ 横浜新道で走るが渋滞。
途中の、「ステーキのどん」で夕食。
(目指すは北海道! 夜通し走るので、がっつりスタミナつけないとね!)

横浜新道より、保土ヶ谷BP~首都高湾岸線へ入るが、相変わらず激しい渋滞。
羽田空港付近より、やっと渋滞から開放!
(久し振りの東京夜景… 動画でも撮ってしまったよ。懐かしさと新しさと。スカイツリーとか。)
湾岸線~ 首都高C2~ 東北道へ入り、蓮田SAで一休み。

23時前、蓮田SA出発。
ひたすら走り続け、途中一回給油。


6/10(月)

3時半ごろ、盛岡の手前で、漆黒の夜から、少しずつ朝陽のうっすらオレンジ色に明け始める。
流石6月。夜明けの早さにもビックリ。
この時点で、「5時20分の青森発」のフェリーが射程に入り始め、ペースアップ。


a0280907_20134.jpg

↑すっかり朝。 岩手山を横目に 東北道を駆け抜ける。

5時前に、東北道・青森ICを降りて、フェリー出港10分前に滑り込み!
ギリギリ、フェリーに間に合う。

a0280907_203595.jpg

津軽海峡フェリーの甲板から青森方面

たった6時間で、埼玉の蓮田から、青森のフェリー港へ。
アコードでの旦那君の走りは速い~。
東北道は、すいてるしね。


a0280907_21748.jpg

北海道に上陸! このフェリー「びなす」で、青森からアコードも載せてきた。
函館に、9時着。 快晴。



a0280907_214032.jpg

函館朝市で朝食。 超新鮮ゲソの吸盤が、お皿に張り付いてる活きたイカ!殆ど踊り食い。



--------------------------------------------
以下は、ざっと殆ど文章ばかり。写真は、追って、UPしていきます。ふ~。
「文だけ先にUPするなよ。」って?
だって、文だけ先に出来ちゃったの。
超~膨大な約千枚の写真。。UPには、一旦PCにコピーしたりの、整理する時間が~~。←ヒマなくせに。
--------------------------------------------

・・・続き・・・

6/10(月)

午前中。そして、旧函館公会堂。古い洋館からの眺めと、内部の建築もまた素敵。

函館山からの絶景を眺める。「初」なので感動~~~!雄大~~~!

昼食は、函館ベイ・美食倶楽部の「まるかつ」でお寿司。

金森倉庫街見たり、スタバで、ケーキ&珈琲したりした後、ホテルへチェックイン。
大浴場でサッパリ。
一人の部屋、広いベッドで、リラックス。
(この日は、睡眠必須の為、前もって、2つのお部屋をとりました。)

夜は、昼とは違う、函館山へ。
更に感動!「ミシュラン・グリーン・ガイド」で、三ツ星の夜景~~~。
なんせ初。 動画も撮りまくる。
帰りの麓までのバスは、照明を落としてくれていて、雰囲気ムーディー。。
余韻に浸って、私は、うっとり。
夫は、げっそり。
昨夜から夜通しでクルマを運転してきた為、ずっと徹夜で起きていたので、疲れマックス。

旦那君だけ、先にホテルに入って休んでもらう。私は路面電車で、一人ハセガワストアへ。
買ってきた焼鳥弁当で、一緒に夜食。
(初。これが意外にめちゃ美味しい!御当地B級グルメもいと旨し。)


6月11日(火)

函館朝市で朝食。快晴。今日は色々入ってる海鮮丼。夫は、まぐろ丼。

函館新道~ R5~ 道央道~ 虻田洞爺湖IC~ R230~

サイロ展望台
「絶景の詰め合わせ!」と、夫は上機嫌。
洞爺湖。
逆側は、広大な大地。更に羊蹄山。
今回記事トップの写真は、この辺りのひとコマです。
映画「しあわせのパン」ロケ地・マルシェで、根菜を買ったり、青空の下で、羊蹄山を眺めつつ珈琲。



突然ですが、我が家のキッチン
a0280907_4351328.jpg

(↑三島に帰宅後、映画「しあわせのパン」DVD見ては泣く。文庫本も買う。読む。曲も流す。泣く。そして、ほっこり。)





~続き
~ルスツ ~郷の駅・喜茂別で軽食

~札幌。
初・羊が丘展望台。 快晴・最高!

北大(ポプラ並木で夕陽・キタキツネに遭遇)のあと、ホテル・モントレへ、チェックイン。

夕食は、サッポロファクトリーで、ジンギスカン。
(食べ放題プラン。夫は、生ラム1kg近く食べた模様。すんごい美味しい!今迄の中でNo.1)

ホテルモントレエーデルホフのスパに入浴。
ホテルモントレで就寝。
(天蓋付きベッド・デラックスツイン・30平米のお部屋。最高に癒され熟睡。)


6月12日(水)

モントレの中庭で、朝食ビュッフェ。札幌・大通公園を散策。快晴。

午前中、ライラックの花等の撮影。ホテルに戻り、ゆっくり、正午にチェックアウト。

円山公園 (エゾリスを探したけど、現れてくれなかった~) のあと、トリトンで昼食。 
(特に生かつをの美味しかったこと!)

札樽道で、小樽方面へ。
小樽・朝里川温泉、クラッセホテルへチェックイン。
森に面している露天風呂、最高。 フィトンチッドの香り。
明るい陽射しのもと、大自然に抱かれながらの、温泉。フキの白い花まで咲いていた。

一休みのあと、夜の小樽運河散策。(マジックアワーで納得の写真が撮れた。)
函太郎で夕食。「うに」etc…殻のとげとげがまだ動いてる、超新鮮うにを、食べれる幸せ。

ホテルへ戻る。また館内の温泉へ。露天。蛍の模倣された灯りもいい。
就寝。


6月13日(木)

ホテルで朝食ビュッフェ。(目の前がスキー場で、冬も良さそう。) 快晴。
再び、小樽散策へ。
大好きな硝子雑貨を六点程購入。

札樽道で札幌へ戻り、百合丘公園。
花や汽車の撮影。
味の時計台で昼食後、再び高速で苫小牧へ。

初日から、ず~っと毎日、青空の快晴でラッキーだったが、ここ帰り際で雨。トータルで見てもラッキー。
イオン苫小牧で買い物後、夕方、さんふらわ~へ乗船。

フェリー内の、ラウンジで、ゆったり。食べたり、飲んだり。
大浴場・ジャグジーで、リラックス。
たっぷり眠りたいだけ眠る。フェリーは、母胎内に居た頃の自分に戻れる感覚に似てるのかもしれない。
海上の穏やかな揺らぎ。よく眠れる。


6月14日(金)
朝食時間は熟睡。ラウンジで昼食。 「さんふらわ ふらの」 船内を満喫。
14時、定刻で大洗着。
大洗より南下し、潮来より、東関道~ 首都高湾岸線~ 保土ヶ谷BP~ 東名~ 新東名で、三島へ。
20時前、自宅到着。
延べ走行距離、1715km (夫に感謝。今年もヤングパワーだね。)

--------------------------------------------------------------------------

↑以上が、おおまかなルート。



a0280907_223359.jpg

八幡坂 雲ひとつない 青空へ 二人の未来 歩きだす日に
[PR]
by snowdrop411 | 2013-07-19 00:24